Joker's Laboratory ~メカマニアの部屋

BIKE & オーディオ & デジモノなどの最新情報アンテナサイト

Car&Bike

米テスラに強敵現る!高級EV「ルシードエア」が受注開始

投稿日: 執筆者:管理人

米テスラに強敵現る!高級EV「ルシードエア」が受注開始

テスラモーターズで「モデルS」の開発を率いたピーターローリンソン氏によって2007年に設立されたEVベンチャー企業、「ルシード・モータース」。

同社は昨年11月末、アリゾナ州に約800億円を投資して2017年前半から工場を建設、2018年内にEVの生産を開始し、最初の市販車を2019年に投入すると発表しました。

同工場で2022年までに2,000人以上の従業員を雇用する予定で、2万~13万台を生産する計画のようです。

ルシード社は当初、バッテリー開発に注力していたそうですが、2014年に初となる試作車を公開、昨年12月にはカリフォルニア州フリーモントでのプライベートVIPイベントで「ルシード エア」(Lucid Air)と名付けられたEVを公開しました。

自律走行システムは無線によるアップデートに対応。ベースモデルはFR仕様で400hpを発生、満充電での航続距離は240マイル(386km)となっています。

オプションの選択により、ツインモーターで最大1,000hpを発生するAWD仕様にすることも可能で、バッテリー仕様により航続距離を315マイル(506km)、もしくは400マイル(644km)に拡大することができます。

エクステリアデザインはライバル車となるテスラのEV「モデルS」がそうであるように、美しく均整のとれたプロポーションを実現しており、フロント周りでは超薄型のLED式ヘッドランプが目を引きます。

4,870個のマイクロレンズを使って昆虫の目を模倣しており、運転状況に合わせて照射範囲を自動で最適にコントロールするセルフコントロール式となっています。

キャビンは広大で、オプションでグラスルーフを装着可能。車両前後にトランクルームを設定、前席には12ウェイのパワーシートを装備。

オプションでフロントシートをマッサージ機能付き22ウェイパワーシートに変更可能で、後席もベンチシートに代わり55度までリクライニングするエグゼクティブシートに、オーデイオシステムも標準の10スピーカーから29スピーカー仕様にアップグレードできるそうです。

そうしたなか、ルシード社は今年3月15日に車両価格を発表しました。

ベースモデルの価格は5万2,500ドル(約595万円)からとなるようですが、オプション装着次第では10万ドル以上の価格となり、同価格帯のテスラや、欧州の各ブランドモデル、レクサスなどに真っ向から対抗することになります。

HP上で既に受注を開始しており、予約時に標準モデル(2,500ドル)、特別仕様のローンチモデル(25,500ドル)のいずれかを選択して申し込む方式。

「ルシードエア」の開発には冒頭のとおり、テスラ「モデルS」を手掛けた人物が携わっているだけに、そのポテンシャルは高いと予想され、今後のEV市場の中で独自のポジションを築くものと予想されます。

Avanti Yasunori・画像:LUCID MOTORS)
















【関連記事】

空飛ぶドローンEV、イタルデザインとエアバス社「Pop.Up」公開
http://clicccar.com/2017/03/14/454112/

日産の次世代EV「ブレードグライダー」がモナコを疾走!
http://clicccar.com/2017/02/27/448932/

日産のEV累計販売台数が40万台を超える。今後さらに投資拡大へ
http://clicccar.com/2017/01/23/439350/

トヨタ自動車が「EV事業企画室」を始動!電動化加速へ
http://clicccar.com/2016/12/05/423003/

待ってろ、テスラ!ポルシェ初のEV、年間販売目標2万台!?
http://clicccar.com/2016/12/03/422720/

【関連リンク】

LUCID MOTORS
https://lucidmotors.com/

画像付き元記事はこちら:米テスラに強敵現る!高級EV「ルシードエア」が受注開始(http://clicccar.com/2017/03/20/455698/)

Source: Car&Bike

米テスラに強敵現る!高級EV「ルシードエア」が受注開始

-Car&Bike
-

執筆者:

関連記事

昨年2万人を動員した「モーターファンフェスタ」が今年もやってくる!

昨年2万人を動員した「モーターファンフェスタ」が今年もやってくる! “試乗”最大の「クルマ祭り」と銘打ち、富士スピードウェイが1日限りの自動車テーマパークと化します。駐車料金はかかりますが入場は無料。 …

新型CX-5が目指したのは、ワンランク上の性能と品質とデザイン!

新型CX-5が目指したのは、ワンランク上の性能と品質とデザイン! ■スタイルはより精悍に、内装はより高品質に進化 マツダは5年前、エンジンからプラットフォーム、サスペンションにいたるまで、全てのスカイ …

ポルシェ・マカンにもLEDストリップ採用か!? 2018年改良型をスクープ!

ポルシェ・マカンにもLEDストリップ採用か!? 2018年改良型をスクープ! ポルシェの最小クロスオーバーSUV「マカン」改良型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。 フロントマスクに大掛かりなカ …

最後のノンターボか? 史上最もパワフルなフェラーリ「812スーパーファスト」がデビュー【ジュネーブモーターショー2017】

最後のノンターボか? 史上最もパワフルなフェラーリ「812スーパーファスト」がデビュー【ジュネーブモーターショー2017】 最高出力800ps/8,500rpm、最大トルク718Nm/7,000rpm …

デジタルコックピットを採用!メルセデスAクラス次期型、新デザイン見えた

デジタルコックピットを採用!メルセデスAクラス次期型、新デザイン見えた メルセデスベンツのコンパクトハッチ「Aクラス」次期型の本物ボディを、初めてカメラが捉えました。これまでミュールでしたが、外も中も …